01.ご相談

まずはこちらにてお気軽にお問い合わせください。直接お会いしてのご相談も可能です。土地やテナントが決まっていない、要望がまとまっていなくても問題ありません。場所の選定、調査等設計に事前に必要な内容に関しても可能な限り協力させていただきます。ご相談は無料です。

※遠方の場合はskypeなどを用いてWEB会議も可能です。


02.プレゼン契約

お打ち合わせ後、プレゼンテーション契約を取り交わします。プレゼンテーション費用は10〜30万円程度です。プロジェクトの難易度、規模、場所などから総合的に判断いたします。

※一般的な住宅の場合で10万円です。いずれの場合もその後本契約に至った場合にはプレゼンテーション費用を設計料から差し引きます。


03.プレゼンテーション

プレゼン契約後にご要望や敷地やテナントの条件を元に、法的な条件の整理等を行い、提案書を作成いたします。模型、CG、図面、イラストなどを用いてプロジェクト毎に適した分かりやすいプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの期間は規模や用途、使用開始時期などでご相談させていただきます。

※一般的な住宅の場合で準備期間に1ヶ月頂戴しております。


04.設計監理業務契約

提案書により、設計方針について共感いただけた場合、設計監理業務契約を交わさせていただきます。プランや細かな部分は今後の設計で打ち合わせを重ね、検討を進めていきます。案は成長していきます。契約時には私たちの考え方や建築のコンセプト部分に共感頂ければと考えております。

※契約時に、契約金額の10%を請求させていただきます。(目安)


05.基本設計(3ヶ月程度)

お施主さまのご要望を叶えられるように基本設計図・模型・CG等でプラン・素材・構造・設備の検討を繰り返し、納得いただけるよう建築の概要である基本設計をまとめていきます。必要に応じてこの段階で概算見積もりを取り、大まかな金額を提示させていただきます。

※住宅の場合でおおよそ3週に一度程度の打ち合わせを行います。
※基本設計完了時に契約金額の30%を請求させていただきます。(目安)


06.実施設計(3ヶ月程度)

基本設計の承認いただいた後に仕上げ材の質感や色、照明の種類や位置、キッチンの引き出しの数や大きさなど、より細かな使い勝手の打ち合わせを引き続き進めていきます。数回の打ち合わせを行い、実施図面をまとめます。

※実施設計完了時に契約金額の25%を請求させていただきます。(目安)


07.見積・確認申請(2ヶ月程度)

数社の施工会社に見積りの依頼をします。その後、提出された見積書の精査、必要に応じて減額案をご提案して、コスト調整を行います。金額が整ったところで、施工会社を決定し工事契約を行います。

工事金額確定後、実施設計図を元に確認申請を提出します。条例等でその他関係各所に届け出が必要なこともあります。確認済証が発行された後、工事がスタートです。

※リノベーションや内装工事、建築する地域によっては確認申請がない場合もあります。
※見積調整完了時に契約金額の15%を請求させていただきます。(目安)


08.工事・現場監理

定期的に現場に出向き、設計図書通りに工事が行われているか確認します(現場管理業務)。構造設計者との検査も適宜行います。お施主様も交えての打ち合わせも必要に応じて行います。

※一般的な住宅で6ヶ月から1年ほど工事に要します。ただし、利用開始の時期に応えられるようプレゼンの段階から竣工時期の調整はいたします。


09.竣工

お施主様立会のもと竣工検査をし、引き渡しを行います。その際にメンテナンス方法や機器の使い方などを説明いたします。

※竣工時に契約金額の20%(残額)を請求させていただきます。(目安)


10.アフターメンテナンス

引き渡し一年後に施工会社と共に一年検査を行います。補修が必要な箇所はきちんと補修いたします。その後も使い勝手や気になる箇所などは随時ご相談ください。


設計料

設計監理料は工事総工費の10~20%程度(消費税別途)を想定しております。ただし、国交省の業務報酬基準による算定方法に基づき、規模、用途などから個別に算出いたします。プロジェクト毎に異なるため詳細は別途ご説明いたします。

※総工費が規模に対して少額の場合は最低料金設定を適用させていただくことがございます。
※遠隔地でのプロジェクトにおいては、交通費を別途請求する場合があります。
※設計料に確認申請書等の作成費および申請手数料は含みません。