nanometer architecture

ナノメートルアーキテクチャー

海辺の別荘 野間の改構

防砂と改構

「なぜこうしなかったのか」そう思わせるのが、この海辺の別荘の改修である。 愛知県知多郡美浜町は知多半島の先端近くに位置し、計画地は海が眼前に迫る最高のロケー ションだ。敷地の両隣を見渡しても建物は遠い。なぜなら条例の変更により建築不可地域へ と書き換えられたからだ。建替はできず、必然的に改修となった。 強い海風は塩害の他に多量の砂を運んでくる。アルミサッシの隙間からも砂が入り、窓辺に は砂が積もる。庭への砂対策ため海側に建つ倉庫は、既存建物との離隔によりその隙間から 砂が吹き込む。その場しのぎの継接ぎで対策が繰り返され、結果海への眺望は失われた。問 題は 2 階にもある。以前の住人により装飾と仕上げを施した和風洋風入り交じる内装で、海 を楽しむ前にその装飾が目立つ。

要望は砂を今以上に防ぐこと、海への眺望を獲得すること、庭と居間が一体で使える場所と すること、二階は落ち着いた場所とすること、の 4 点だった。既存図は存在しないが、調査 を進めると 1 階居間は壁の下から外壁と同じタイルが覗いていた。つまり居間はもともと屋 外のピロティーとして使用されていたことが予想された。建築当初は庭へと連続したピロ ティーを抜け、倉庫のない庭から海への眺望は素晴らしかっただろう。 今回の改修において、建築当初の良さを取り戻しつつ、問題を解決しながら、先へ進めるこ とが望ましい。ポリカーボネート波板で外壁・窓・倉庫を囲ったのは風除室ならぬ砂除室で、 眺望を獲得してなお、防砂の機能を強化する二重外壁の役目を果たす環境装置である。これ により居間は庭への通り抜け土間へと戻り、半屋内空間となった。二階は、黒いラインを挿 入し和洋の空間を二分した。どちらも通りを引き込むことで整理した。 先人の敷地との格闘の履歴から読み解き、「本来こうあるべきではないか」と思わせる構え が現れた。建築も勝手も構えを改める「改構」と呼ぶ手法を編み出した作品である。

date:2018.10
type:sanatorium
status:completed

location:Aichi
media:architecturephoto.net
               designboom
      archidaily
      AECCafe
award:第10回建築コンクール「醸しだす建築」優秀賞
   「NAKA→賞2019」受賞
     International Architecture Awards 2019 house design 部門最優秀賞
      第36回住まいのリフォームコンクール優秀賞
 
      

 












次へ 投稿

前へ 投稿

©2019 nanometer architecture