nanometer architecture

ナノメートルアーキテクチャー

「知の回廊」地域の観光と研究をめぐる鯨類研究施設

「知の回廊」地域の観光と研究をめぐる鯨類研究施設

鯨研究の国際的な重要拠点であり、「くじらと海のエコミュージアム太 地」の知がめぐる拠点として提案したプロポーザル案。敷地にある太地 町民森を中心に配置した回廊型の研究施設とし、回廊は図書館機能をも つ。異なる立場の研究者と地域住民、観光客が同じ場所で様々な知に出 会い、互いに学び会える新しい研究所のあり方を提案した。

 

名 称:日本鯨類研究所太地支所施設 基本設計・実施設計業務委託
公募型プロポーザル ファイナリスト(計画案)
所 在 地:和歌山県東牟婁郡太地町

共同設計:withU architects
構造設計:ディックス
設備設計:ミューパートナーズ
ランドスケープ:ランドスキップ
構 造:木造・鉄骨造 平屋
床 面 積:1350m²
計画期間:2019.8
HP:太地町HP

次へ 投稿

前へ 投稿

©2020 nanometer architecture